面白き

(日本経済新聞7/8(土)春秋より)…

 

「花と、面白きと、めづらしきと、

これ三つは同じ心なり」。

 

世阿弥の「風姿花伝」にある言葉だ。

 

観客を感動させるものは

ワクワク感や新規性だということだろう。

 

…(以上が抜粋)

 

「面白き」と「めづらしき」を

阻害するものがある。

 

前例にこだわり、囚われる古き組織。

悲しくも固い組織。

 

ただただ変化を恐れているのだろうか。

組織が、自分たちが、変わらなくても…

時代も志向も考え方も大きく変化しているのに。

 

変わらなければいけないのだ。

変化に対応できない「恐竜」は滅びるのである。

 

花と、面白きと、めづらしきと。

過去や前例、固定概念に囚われずに、

楽しくやろうじゃありませんか。

 

僕たちは過去を生きているのではない。

今日、今、この瞬間を生きているのだから。