青春時代

羽黒山麓にある羽黒高校。

この鳥居をくぐると… そこは母校。

何度、この鳥居をくぐったことだろう…。

 

このたび、母校である羽黒高校の新校舎が完成しました。

全国初の木造3階建て校舎、

庄内平野を一望するカフェテラスや

オープンスペース。

 

羽黒高校の理事長・校長の牧先生は

僕の高校時代の数学の先生。

第55回創立記念式典と新校舎竣工式での

御挨拶の中で、

 

「何を学んだかではなく、

これからはどのように学んだか、

何ができるかが求められる。

教室だけが勉強する場でなく、

校舎全体がコミュニケーションの場。」

 

高校時代の思い出がつまった校舎がなくなったのは

とても寂しいことだけど…

 

今の、そしてこれからの羽黒高生の皆さんが

この新しい校舎で友情と経験と思い出を

積み上げていくことを願います。

 

自分に「何ができるか」を見つめなおして。

ふむ、高校生。貴重な青春時代

若いということは…

若さとは…

眩しくて、羨ましいものですね。