象さんと父さん

いつまで… タイのことを引っ張るんだ…

と思っているでしょうか?

まずは当分、引っ張るだけのネタ(画像も)ありますので。

もう少しだけ引っ張ろうか。

 

さてアユタヤではサプライズで象に乗せていただきました。

(私スーツなんですけども)

しかも、今回のタイ行きのために新調したスーツ。

しかも、1着しか持ってきてないからまさに一帳羅。

(ぞ、ぞうか…)

それはそう思いますでしょ。新しいスーツだし。

 

とはいえ想像とは違っていて、象に直接またがるわけではなくて、

象の上に席があってそこに座るような感じだったので… まあセーフ。

汚れることもありませんでした。

 

今回のタイ行き。

我が子どもたちにとっては

父不在で少し迷惑で、心配な話だったようです。

 

それでも… 象さんには… 帰国後、食いついた。

 

子どもたち、象さんが大好きみたいで(たぶん)。

象さんに乗った父の姿をみて… ちょっとは尊敬したみたいです。

(え?そこ?)

 

象さんは鼻が長いが… 父さんは鼻が高かった。

 

という、落ちとしては… ちょい弱めかしら…。

 

本日はノーマネーでフィニッシュです。

(それはマネーの虎の話)