致道博物館東京友の会

左:西郷隆盛研究家の原田良子先生 中央:西郷隆盛さん(ポスター) 右:僕

(※東京友の会にご出席いただいたI先生からさっそく送っていただいた画像です)

 

昨日(2/24)午後1時半より…

江戸川区タワーホール船堀にて

致道博物館・東京友の会を開催しました。

 

鶴岡・酒井家ゆかりの皆様

東京(関東)在住・友の会会員の皆様

そして、江戸川区の皆様

計約100名の皆様にお集まりいただきました。

 

冒頭の館長の御礼・御挨拶からはじまり、

西郷隆盛研究家の原田良子先生を講師にお迎えして

ご講演をいただきました。

 

原田良子先生は

かの薩長同盟の締結の場所である

近衛家別邸「御花畑」の場所を特定された方です。

 

歴史にはロマンがあります。

いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように…

5W1Hでとことん掘り下げていくと本当に面白い。

 

歴史を紐解いていくと、

今という現在は決して必然ではなくて、

先人たちの大いなる努力や苦労の下に

成り立っているのだ、

偶然や奇跡に近いのだと実感・感謝するのでした。

 

原田先生、貴重なお話をありがとうございました。

 

会が終了後、羽田空港から最終便の飛行機で帰鶴。

飛行機に乗ったからでしょうか、

前文の「きちょう(貴重)」の

変換が最初、「機長」になってしまいました…。

ふむ、余計な余談でした。

 

現実の雪国に無事に戻ってきました。

西郷先生、僕もこれからがんばります!