第20回論語書道展表彰式に出席して。

昨日(11/12)の午前中、

第20回論語書道展の表彰式に

館長の代理で出席しました。

 

平成29年11月10日(金)~13日(月)

鶴岡市中央公民館 大視聴覚室にて

第20回論語書道展 開催。

 

815名の応募者の中から

受賞された小中学生と保護者・ご家族の皆様、

市教育長、学校の先生方、

主催の致道館文化振興会議の皆様の

前で… 館長の代理で祝辞をば。

 

比較的、大勢の前でも

緊張しないタイプなのですが…

緊張しちゃった(汗)。

大勢の子どもたちの目線も… 気になって。

祝意や敬意はちゃんと伝えられた

ハズとは思うんだけど。

自分的には失敗…。

 

原稿におとしこんだり

お伝えすることをやはり前もって

復唱しておくべきと猛省した。

 

軽い気持ちや軽い言葉では

臨んではいけないステージがある。

しっかり場所をわきまえなくては。

よい勉強になりました。

この経験を次に活かそう。

 

来年1月、2月と、

講演する機会(オファー?)を2回いただいております。

しっかり準備して当日を迎えないと。

痛い目にあうのは… 恥をかくのは… 自分…。

 

来年は戊辰150年(明治維新150年)の筋目の年。

荘内藩の歴史をPRする良い機会。

先人たちに敬意を表して、歴史・伝統・文化を

次代に継承していきたいと思うのです。