知的財産活用セミナー

本日15:30から…

庄内産業振興センターで開催された

「知的財産活用セミナー」

参加してきました。

 

1.「知的財産への支援施策」

(東北経済産業局 山口竜三 氏)

 

2.「知的財産評価書の活用事例紹介」

(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)

上野 翼 氏)

 

3.「知的財産を活用するお客さまへの取組み」

((株)荘内銀行 皆川 陽 氏)

 

荘内銀行の皆川さんは僕の元上司。

すごい優秀な方で憧れでした(…あ、今も!)。

今回のセミナーのお誘いをいただいたのでした。

 

これまでの金融機関では…

融資判断にあたり、企業の財務データや

担保・保証に必要以上に依存。

 

現在の金融機関は…

企業の事業内容や成長可能性を

評価(事業性評価)すべき。

 

財務データや担保等に依存した

定量的評価から、

事業内容の的確な把握に基づく

定性的な評価にシフトしていく必要がある。

…との提言がありました。

 

その通りですよね。

担保や保証がどれだけ事業者の

事業の足かせになっていることか。

これは事業をやっている人じゃないと

絶対にわからない。

人・事業・将来性をみてほしい!

と元保証協会職員、元銀行員の僕でも思います。

(勤務時代にそう思っていたら… 気づいていたら

もっと良い仕事ができたんでしょうか)

 

知的財産の有効活用、

そして正当な評価。

今回参加したのは…

複数の商標を取得しており、

その活用方法や支援施策に興味があったからでした。

 

様々な施策(減免制度や補助)が

知らないところで存在してます。

これらは知る努力をしなくては、

アンテナをはってなければ、

知り得ない情報が結構多い。

 

知りたい情報は積極的に調べて、

問い合わせて、相談して、

獲得していく。

現代は肉食系(?)の情報化社会なのかもしれません。

 

時代は刻一刻と変わっている。

取り残されるわけにはいきませんね。

積極的に参りましょう。