目的地

 

昔むかしはどうだったのだろう。

藩主とはどういう存在だったのだろう。

 

昔と今。

世が世なら…

世が世でないから…

昔と今。

 

昔はたくさんの人たちが守ってくれた。

今は自分でしっかりと守っていかないと。

 

次代への継承。

次の世代のことを常に考えていきたい。

引き継ぐべきもの。

断念すべきもの。

しっかりと見極めて、選別していく必要がある。

 

大名行列に参加して…

色々と考えることができた。

 

自分が正しいと信じる道へ。

自分が楽しいと思える道へ。

その道をただただ進むべし。

 

何事も向き合うのではなくて、

同じ方向を向いて進むべきなのだ。

自分の進行方向を常に確認しながら、

少しずつ前に進もうじゃないか。

 

大名行列も同じ。

何よりも大切なことは、

同じ目的地に向かっていくことだ。

 

今日、車に乗ってとある目的地へ…。

 

「目的地に近づきました。案内を終了します。」

おい、カーナビ、目的地まで案内してくれ。