決断

毎日が決断の連続なのかもしれない。

 

1か2か、どちらの扉が

正しかったのか…。

後にならないとわからないし、

後になってもわからない場合もある。

 

正解は実はいくつも何通りもあるもので。

「何が正解か?」

ふむ、難しい問いかけだ。

 

少なくとも正解と信じて、

人は突き進むわけだけど。

間違いだと途中で気づいても、

突き進んじゃうのが人間の性。

 

そう考えると人間とは

何と儚くて愛おしいものか。

 

誰もが毎日何らかの決断をしている。

あらゆる決断に敬意を表したい。

扉を開けたその勇気に乾杯!