忠順

酒井忠順で検索すると…

(たまに自分の名前を

検索してみるんですが…

しないですか?)

 

忠順 噴火 と出ます。

 

「え、僕が噴火?」と思いまして。

更に検索。

 

すると…

伊奈 忠順(いな ただのぶ)

という人物にたどり着きます。

 

…以下、ウィキペディアから抜粋…

 

宝永4年(1707年)11月に発生した

富士山の噴火は実に620年ぶりの空前の大噴火で、

現在も富士山の東南斜面に

巨大な噴火口を残し、

盛り上がった部分は宝永山と呼ばれる。

 

約半月にも及んだ噴火により、

小田原藩の全領約10万石のうち、

6割が大量の火山灰に埋まり、

遠く江戸でも2寸積もったという

記録が残る大被害となる。

 

忠順はこの噴火に対し、

砂除川浚(すなよけかわざらい)奉行と呼ばれる

災害対策の最高責任者に任じられ、

主に川底に火山灰が堆積していた

酒匂川の砂除け、堤防修復などに従事した。

 

しかし、もっとも被害の酷かった

駿東郡足柄・御厨地方へ

幕府の支援が一切行われず、

59もの村が「亡所」とされ、

放棄され飢餓に苦しむ者が

続出している悲惨な状況となっていた。

 

忠順は酒匂川の改修工事に

被害農民を雇い入れることで

生活の安定を図り、

農地を回復させるための

壌改良にも取り組んだ。

忠順は復興開始から4年後、

事業半ばで死去。

 

忠順の救済により

救われた農民たちは、

その遺徳を偲び

慶応3年(1867年)に祠を建て、

その後、須走村(現在の静岡県駿東郡小山町須走)に

伊奈神社を建立し

忠順の菩提を弔った。

 

伊奈神社には忠順の像も立つ。

大正時代になって

忠順の業績を称えて

従五位下に叙せられている。

 

なお記録はないが、

忠順は見て見ぬふりができず、

 独断で駿府紺屋町の幕府の米倉を開き、

 13000石を村々の飢民へ分配した。

 結果的に目付によって

 この無断行為を咎められ、

 忠順は罷免。

 後に切腹を命じられ、

 享年40

とする伝承が駿州御厨地方に残されている。

 

忠順さん、すげぇな。

「 見て見ぬふりができず、独断で…」

そういうところ、僕にもあるかも。

僕の名も… 忠順(ただより…ですが)。

 

罷免されて、切腹…

というのは… ちょっとイヤだな。

 

とにもかくにも

多くの先人たちの努力の下に

今の我々が存在している。

そのことを忘れちゃいけないですね。