刀剣鑑賞会

 

本日午後、致道博物館で、日本美術刀剣保存協会庄内支部の

第2回 刀剣鑑賞会を開催しました(一応、僕、支部長、なのである)。

 

支部会員数は31名。本日はそのうち18名が出席。

本日の鑑賞刀は5振り。

重要刀剣 太刀銘安次(古青江)、直綱作、

河内守藤原国助、越前國住人兼則、

脇差 信國(筑紫)…。

 

安藤副支部長・大滝副支部長からの解説もあって、

とても有意義な鑑賞会となりました。

難しいな、刀剣。奥が深いな、刀剣。

 

その後、場所を「百けん濠」に移し会議をば。with coffee。

10月21日(土)上杉博物館の特別展「上杉家の名刀と三十五腰」

+講演会「上杉家の名刀を語る」…スペシャルツアーの企画・開催。

11月に藤原清人碑前祭+刀剣鑑賞会の開催が決定しました。

 

誰が…? やるの…? 僕でしょ…。。。

仕事がまた一つ、二つと増えたのでした。

難しいな、刀剣。奥が深いな、刀剣。

 

「刀、買ったな~?」と、いつか鑑賞会で…

質問しちゃうんだぞ。

 

日本美術刀剣保存協会庄内支部では

支部会員を絶賛募集しています。

刀に興味のある方、老若男女問わず大歓迎!

(ちなみに当支部では僕が最年少会員です)

気楽にお問い合わせくださいね。