上善は水の如し

「上善は水の如し」

と、老子はいう。

最上の美徳とは水のようなもので、

水は万物をうるおしながら

万物と争うことをしない。

しかも水は人のいやがる低地へ流れこむ。

人のためになり、

人と争わず、

人にへりくだる。

人格をみがくということは、

水をみならうことである。

(宮城谷昌光「花の歳月」より)

 

最も理想的な生き方は、

水のように生きること。

水は万物に恩恵を与えるだけでなく、

相手に逆らうことなく、

相手に合わせて自在に形を変える。

また、人が嫌がるような低い所に流れていっても、

淵のように静かで深い心を持っている。

水のように我と欲を捨て、

自由で変幻自在な柔軟性を持てば、

人生の困難を楽々とかわせることだろう。

例えば、相手の不愉快な言動に

腹を立てることがない。

相手に対抗して

不毛な競争をしたりすることもない。

左遷されたり不遇の時期でも

腐ることなく、

水のような静かで穏やかな心持ちでいられる。

(名言ナビより引用)

 

うわっ、長文かつ引用しすぎてすいません。

でも、今の僕が目指す方向性、

それはまさに、「水」。

 

沸騰するほどの熱湯ではなくて「水」。

皆さん、目指すは「水」ですよ。