一期一会

今日は松ヶ岡で待ち合わせ。

昨年の「徳の交わりシンポジウム」で取材してくださったUさん。

このときの取材がきっかけで歴史に興味を持たれたとか…。

何かのきっかけになれたことは本当に嬉しい。

 

今日は夕方ちょっとだけ忙しくて…

松ヶ岡ではしばし談笑、続きは夜に一杯やりましょう…

ということになりまして(先ほど無事に帰宅しましたが…)。

忙しぶってスイマセン。Uさんはきっともっと忙しい中、

時間をとって、月山を越えて会い(挨拶)に来てくれたのだ。

 

しかもUさん、

残念ながらこのたび転勤決定で山形を離れちゃう。

ご栄転だけど… 出会ったばかりだけど…

なんだか残念です。

 

人との出会いはまさに一期一会。

一瞬一秒その瞬間を大切にしなくちゃと改めて思いました。

Uさんの今後の益々のご活躍を心より願ってます。

そして、引き続きこれからもよろしく!

 

まだまだ冬の面影(雪)が残る松ヶ岡。

ここで事業をしていたときの、冬の四苦八苦を思い出す。

雪には本当に悩まされたっけ。

つらいときもあったけど、

それ以上にたくさんの出会いやたくさんの喜びを感じられた。

松ヶ岡とは僕にとってそういう場所だった。