ライフライン

ライフライン。

命綱。

戦場などでの物資の補給路。

生活維持に必要不可欠な

電気・ガス・水道・通信・輸送などの

諸設備。

 

先日来の寒波到来で

ここ鶴岡でも

水道の凍結が起きています。

つまりは…

水が使えないわけで。

 

まさに… 水道は

公共のライフライン。

今の私たちの生活には

欠かせないもの。

 

水道管の破裂とか

目にも当てられない被害は

避けたい。

 

ネットで対処法を調べていたら…

凍結した場合…

「ひたすら待つ」が無難な正解のようです。

 

寒いから凍るんだよね。

寒い状況でひたすら待っても…

とけないよね…

と思いつつ。

 

熱湯とかかけたらダメだそうです。

水道も急な温度変化にビックリしちゃうのか、

破裂しちゃうんだそうな。

 

ちょいとデリケートなところは

人間と構造はそうは変わらないのかな、水道。

 

こうなってみると、

「水」とはなんと有難いものなのか

気づかされます。

 

日常において、当たり前と思っているものが

当たり前ではないのだと

気づく瞬間。

 

こういう瞬間も

時には必要なのかも。

 

とけぬなら

とけるまで待とう

ほととぎす。