ステレオタイプ

帰りがけのいつもの道。

テクテク歩く夕暮れどき。

昨日の帰り道。

 

なんだかんだでやることあって

気づくと夜になっちゃってる…。

こうした日々を過ごしていると

1年なんてきっとあっというま。

 

いろいろとかんがえることあって

気づくと車をとめている実家に

到着しちゃってる…。

こうした考え事をしていると

通勤時間なんてあっというま。

 

まるでリピート機能がついてるように…

繰り返される毎日。

 

ときには早送りやスキップの機能が

僕自身にあればいいのに…

と思うときもある。

あ~、やってもうた、言ってもうた、

と後々めちゃ後悔して、巻き戻したい…

と思うときもある(巻き戻し機能も欲しい)。

 

いろんな感情が交錯する毎日。

最近、1日のどこかで必ず反省するようにしている。

反省会、もとい反省帰り道徒歩。

 

考え事をしながら歩いて帰る…

中学生の帰り道もそうだった…

進化していない自分に気づく。

 

心は永遠の15歳。

ステレオタイプから抜け出したい43歳。

 

※ステレオタイプとは

「固定観念、型にはまった、面白みのない」

というような意味です。