コミュニケーション・ツール

「ふぅ—。大雪ですな。」

駐車場 出るのに 雪をまず除けて

お隣りさん(駐車場の)同士

力を合わせて。

合間にちょっとした会話を交わす。

 

だって… 今さっきの鶴岡公園も… こんなですよ。

これでは今日の雪のすごさが伝わらないか。

むしろ「キレイ…」ってなっちゃうか。

 

マジでついさっきちょっと前の画像が… こんなですよ。

これでは今日の雪のすごさが伝わらないか。

むしろもっと「キレイ…」ってなっちゃうか。

 

屋根みてください、屋根の上…。の雪。

「この屋根、やーね…」

今の鶴岡では決して言ってはいけないNGワードやね。

 

とにもかくにも… 大雪ですな。

雪は観光業にとって、飲食業にとって、

雪国のあらゆる事業にとって、

白くて重たい壁のようなものです。

白壁の戦いと言ってもいいだろう。

(ちょっと三国志的ですが)

 

悪いことばかりでは決してなくて…

雪除けのときは協力し合ったり、会話したり、

お互いを思いやったりと

コミュニケーション・ツールにもなっている。

(プラス思考で考えればですが)

 

雪はやーねって考えずに、

雪はいーねって考えたい。

天よ、運動の機会を与えてくれて

本当にありがとう。

でも… もう正直十分です。

これからは… ほどほどにお願いします。