カレー

昨日のランチは…

一人でファミレスへ。

 

最近は一人で

お店に入って外食することも

苦にならなくなった。

 

まあ、新しいお店に入るのは…

いつもドキドキで。

そこのシステム(?)が分かるまでは、

落ち着かないのだ。

 

さて、ファミレスに話は戻る。

学生時代、そして東京で働いていた時は、

よく深夜までファミレスに入り浸っていた。

仕事したり、友だちとバカな話で盛り上がったり。

周囲のザワザワ感がとにかく居心地が良くて。

 

昨日のお昼は何だか無性に

ハンバーグが食べたくなって。

ドリンクバーもあるし、

お昼食べたらそこで一仕事しようと

パソコンも持参したものの…

 

お店、めちゃ混んでいて………

 

とても仕事なんてできる感じではなく…

こりゃあ食べたら即帰ろうかって思った。

 

ちょうど僕が食べ終わるころ、

隣りに老夫婦が座り、二人揃ってカレーを注文。

 

僕はコーヒー2杯目、

これ飲んだら帰ろう…と思っていたのだが。

 

となりのカレーが… なかなか来ない。

おじいちゃん、何だかイライラしている。

「まだか、まだか、忘れているんじゃないだろうな」

声が聞こえる。

(すぐとなりの席だから、相席みたいなものだから、当然だけど)

 

そのイライラ感。

すっごいよく分かる!

僕も同じだよ、そうなるよ、と心の中でつぶやく。

何だか数十年後の自分をみているようだ。

 

とはいえ、カレー頼んでから10分くらいしか経っていなかったのだけど…

確かにカレーならすぐ来てほしいけど。

それだけ店は混んでいたのだ…

 

コーヒー飲み終わった僕は、カレーがおじいちゃんの元にちゃんと届くのか、

気がかりだったのだけど、レジに向かった。

 

お会計のために忙しい中、レジに来てくれる店員さん。

 

ああ、これでまたおじいちゃんにカレーが届くのが遅れる…

おじいちゃん、ゴメン。

 

そんな少し平和なランチの話でした。