ウェッジウッドブルー

Bloom12月号に知新-第2回-掲載されました。

パチパチパチパチ。

プランニングゆうむの奥山社長はじめ皆様に…

敬礼!(バシッ)

お疲れ様でした!

 

せっかくなので文章全文、載せちゃいます。

 

 

ウェッジウッドブルー

 

2009年(平成21年)12月に

国の重要文化財に指定された

旧鶴岡警察署庁舎。

 

2013年(平成25年)から

国・県・市の助成と

多くの一般の皆様の

ご寄付をいただきながら

保存修復工事が始まった。

 

工事を進めていくうちに

新しい事実が判明していく。

床面三段になっている

取調室と思われる

特徴のある部屋があることが判明。

その部屋には

外から直接出入りができる

開け閉めドアがあり、

出入りのためには石段が必要。

現在の位置では

石段がつくれないので、

完全に復元するために

1m北側に曳家をして移動。

 

その曳家の様子は

テレビの全国放送

(NHKプロフェッショナル仕事の流儀)

でも紹介された。

 

そして、明治17年の創建当初は、

我々が長く親しんできた

白色ではなかったことも判明。

当時の色を再現し、

鮮やかな水色の外壁の建物へと変貌を遂げた。

 

「素敵なウェッジウッドブルーね」

とあるご婦人がおっしゃった。

ふむ、水色よりも

ウェッジウッドブルーの方が

何だかしっくりくる。

 

5年という長期に渡った工事も

いよいよ大詰め。

来年6月の一般公開に向けて

準備が進められている。

公開されたら1階南側と北側の

軒を見上げていただきたい。

「鶴」が皆様をお出迎えする。

 

鶴岡だけに「鶴」なのだ、多分。

 

以 上

 

「う~む… 我ながら… 文章うまくね?」

と自画自賛ならぬ 自文自賛をしてみる。

自分自賛か…。

 

それって時には重要かも(笑)

たまには自分をほめてあげましょう。