もったいない

日本遺産、サムライゆかりのシルク。

ということで、今日は松ヶ岡に行ってきた。

久しぶりに丘にのぼって… 深呼吸。

やっぱり空気も美味しいです。

 

しかし、日本遺産からの~世界遺産、

とはいかないのだろうか。

やっぱり松ヶ岡は素晴らしいところだ。

このままではもったいない

もったいないおばけが出そう。

 

平日の松ヶ岡は結構落ち着いているということだが、

今日はたくさんの観光客で賑わっていた。

我らがお店をやっていた第二番蚕室は…

開放はされているものの… ご自由にどうぞ的公開で。

観光客の方々も中には一応入るものの、

早々に退出してくる感じ。

「何だ、ここは?」という声も聞こえてきて。

 

僕が言うのも何だけど、何だか少し悔しかった。

今のここはもったいないおばけというよりも、

本当のおばけが出そうな… そんな感じ。

(すいません、言い過ぎてます。)

 

古巣の今が気になるのは誰しもそうだと思うけど。

やっぱり大事なところなのだ。

そして、やはりここは単なる遺産ではなく、地域の財産なのだ。

皆で力を合わせて、未来に相続していかないと…。

もったいないおばけがでるぞ~。

これからも引き続き松ヶ岡のことを念頭に置きたいと思います。