みんな未来に生きる人

東北公益文科大学後援会

総会記念講演会に出席(評議員ですので)。

 

講師は… アグネス・チャンさん。

歌手・エッセイスト・教育学博士、

ユニセフアジア親善大使、

日本がん協会「ほほえみ大使」など、

広くご活躍されています。

 

お話は非常に幅広くインターナショナルでグローバル。

少子高齢化・子育て・いじめ・ご家族の話、

ご自身のボランティア活動の話等。

 

会場には溢れんばかりの人たち。

駐車場もいっぱいで。やはり往年のスターですね。

 

多くの学びがありましたが…

ちょうど僕も育児中ということもあり、

子育ての話に特に感銘を受けました。

 

自己肯定力の大切さ。

「自分が好き」になるように育てる。

人の喜びも自分の喜びと感じられる。

分からないことがあったら「教えてください」と

素直に言える、質問できる。

そのような子どもに育てるためには、

兄弟姉妹で比べちゃダメ。

プレッシャーをかけちゃダメ。

 

6人兄弟姉妹の4人目として育った

ご自身のことを話されました。

特に姉2人とはよく比べられて

育ったとのこと。

長女は昔から飛び抜けて綺麗で

目立つ生まれながらのアイドル的存在。

次女は頭脳明晰でいつも成績は1番、

香港大学医学部を首席で卒業する天才。

比較されるのがイヤだったし、

自分が嫌いだった。

アグネスさんはそう続けます。

 

そんな中で転機が訪れる。

学生時代にボランティア活動に従事。

手や足が不自由な人たちとの出会い、

お世話をしたことで気づいた。

自分のごく身の回りのことしかみてなかった。

自分がかわいそうだと思っていた。

恵まれていることに気づいていなかった。

そんな自分に気づいた。

それから、周囲のことを気遣うことが

できるようになった。

そのきっかけが

今もライフワークにされている

ボランティア活動とのこと。

 

話はもっと盛沢山で。

国際的な話、平和を願う心、

様々なことをお話してくださいました。

(真面目にメモを取りまくった)

 

テーマ「みんな未来に生きる人」

未来に生きていくために、

子どもたちの未来のために、

世界の一人一人の意識改革が必要で。

 

「お互いの違いを認め合う」

そんな世の中になれば、

戦争はなくなるのではないか…

との提言に、

激しく同意した火曜の午後。