ひょっとしてあの…

3連休の中日である一昨日の日曜日、

大宝館の受付にて。

 

「何かおススメの日本酒はありますか?」

と聞かれた。

 

現在、人物ゆかりの人物資料館である大宝館では、

鶴岡の食文化や鶴岡シルクの展示もしており、

各種観光案内パンフも設置しているので、

受付では観光案内所よろしく、

様々なご質問を承る。

 

僕:「個人的なおススメは〇〇と□□です。」

 

「ありがとうございます。(僕の名札をみて)

あれっ、ひょっとしてあの庄内藩の酒井さんですか?」

 

僕:「あ、はい。あの酒井です。」…

 

「すごい!嬉しいです!俺、歴史マニアなので。

うわぁ、すげぇ。すげぇなぁ。

一緒に写真、よろしいですか?」

 

僕:「もちろん(笑)どこで撮りますか。」

(大宝館の建物をバックに…パシャリ)

 

お客様に大変、喜んでいただきました

…という、何のオチもない話なのだが。

 

自分に会って喜んでくださる見ず知らずの人がいる。

これって実はとてつもなくすごいことなのではないか。

 

僕はもっと自覚をしなくてはいけない。

そしてもっと… 今の地域に、社会に、

貢献できることを考えなくては。