にじ

昨日の卒園式の歌が

忘れられず…

さっき娘に聞いたんです。

「あの歌ってなんだっけ?」

 

「にじだよ、にじ。」

と娘。

そうか、「にじ」か。

先日、特に心に残ったのでした。

 

「にじ」

(作詞・新沢としひこ 作曲・中川ひろたか)

にわの シャベルが いちにち ぬれて

あめが あがって くしゃみを ひとつ

くもが ながれて ひかりが さして

みあげて みれば

ラララ にじが にじが

そらに かかって

きみの きみの きぶんも はれて

きっと あしたは いい てんき

きっと あしたは いい てんき

 

1番だけ…

本当は… 歌詞とか載せちゃ

いけないんだろうけども。

 

↓ユーチューブありました。聴いてみて!

にじ(ミニアルバム「ちゅるのうた」より)/つるの剛士

 

きっと あしたは いい てんき

だと信じれば… 救われる。

虹には 僕らを 元気にする

七色のパワーが あるのでしょうか。

 

この歌をきいて…

カメラ(スマホの)を持つ手が

感動のあまり震えたのでした。

(撮影がブレちゃった…)

 

きっと あしたは いい てんき。