ちょんまげ

気づいたことがある。

本ブログのいつものタイトル。

 

基本、ワンフレーズなのだけど、

結構… 重複している。

 

「コケコッコー」とか…。

 

僕に語彙力がないということなのか。

まあ… 重複しても

許してちょんまげ。

(久しぶりに使ってみた)

 

さて、僕の周りにはありがたいことに、

愚痴を聞いてくださる諸先輩方がいらっしゃる。

グチグチ、愚痴を言うのも、情けないのだけど。

 

まあ大体、静かに聞いてくださって。

時々、同意してくれて。

それだけでも本当にありがたいのだけど。

 

こんな話を聞いても面白くないだろうなと思いつつ。

これからはもっと明るい楽しい話をしますよと、

心に誓いつつ。

 

しかし、世の中、思い通りにいかないことが本当に多い。

おかしいな?と思うことも多いのだ。

いや、待て、これはおかしくないのか、自分がおかしいのか?

時々、分からなくなる。

 

おかしいこともおかしくなくなり、

おかしくないことがおかしくなる。

うーん、矛盾だ。矛と盾だー。

 

本当におかしいことだとしても…

「許してちょんまげ~」って言い合える関係なら…

笑って許せるだろうか。

 

物事を本音で話し合える、笑い合える関係構築こそ、

急務なのかもしれない。