お馬さん

2045年には「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎え、

人工知能が人間の能力を超える。

信じられないほどのスピードで社会が変革する時代。

その頃には既存の職業の多くが人口知能(AI)に代替される。

肉体労働や単純作業などの仕事のほとんどが、

人間がやる仕事ではなくなるらしい。

 

そのような未来でも必要なのは、

能動的思考が求められる仕事。

自分で考えて行動し、責任を持って、新しいものを生み出す力。

 

未来の人口知能時代で第一線に立って働くために、

子どもの頃から「圧倒的能動思考」を身につけさせたい。

そのためには家庭での教育が重要らしい。

子どもの好きなことをとことんまでやらせることが大事だという。

 

子どもはやっぱり可愛くて… 癒されたりもするのだけれど、

仕事で疲れているときはなかなかお相手できなくて。

ちょっとしたことで、怒っちゃったりして。後で一人反省する。

 

子どもたちにとっての未来は、今この瞬間にかかっている。

そう自覚して、今晩はとことんまでお馬さん役をがんばります。

最近、子供たちがとても重たくなってきたんです。

嬉しい悲鳴。

「ヒヒーン!」