いざというとき。

 

先日、酒田の斎藤会計事務所に伺いました。

齋藤先生のご好意でいつもマンツーマンで

勉強会を開催してくださっているのです。

 

長年、松ヶ岡にも通ってくださり、

温かく励ましのお言葉をいただいておりました。

会社経営についても…よき相談相手。

本当にありがたいんです。

 

今回のテーマは…

「公益法人会計と企業会計の違い」

公益法人会計の基本を一から教わりました。

株式会社や有限会社とは…

会計が違うんですよ。これが。

何でそんなに煩雑にする必要があるのか?

いつも思ってましたが…。

 

まずは会計の仕組みを知り、法律を知り、

己を知れば… 100戦しても危うからず。

とちょっとね、

孫子のようなことを言ってみました。

 

公益財団法人の

メリット、デメリットを把握して、

今後の運営に活かしたい。

やりようは…あるかなと…。

 

「困ったときはいつでも何でも聞いて」

という先生の言葉が温かくて。

 

いざというときに

相談できる専門家の先生、友人、知人の存在が

本当にありがたい今日この頃。

 

一人でやれることには限りがある。

自分の限界を知り、他者に頼ることは、

決して恥ずかしいことではない。

 

「こんなこと、恥ずかしくて今更聞けない…」

なんていうちっぽけなプライド。

捨てようと思います。

 

知らないことはこれから知ればいい。

知ってるふりをすることの方が

どっちかというと

恥ずかしいんだから。

 

恥をかくことを… 恐れない!

知らないことは… これから

知るけっちぁーの!!

 

おあとがよろしいようで…(よろしくない?)