冊子「故きを温ねて」

 

冊子「故きを温ねて」

 

時は1622年、酒井家第3代忠勝のときに荘内に入部しました。

2022年の酒井家の荘内入部400年の記念の年に向けて歴史をまとめました。

◎A5判・カラー37ページ(酒井家家系図・荘内藩略年表付)

◎荘内の歴史・文化を次代に継承していきたいと思い、若い人たちにも分かりやすく、読みやすくなるよう心掛けて執筆しました。

◎德川四天王筆頭の初代忠次から現在まで。忠次の活躍、酒井長門守一件、藩校致道館の創設、三方領地替え、戊辰戦争、西郷隆盛との親交、松ヶ岡開墾、致道博物館の設立まで…この1冊で荘内藩の歴史が分かります。

◎本書の収益の一部は公益財団法人致道博物館に寄付し、博物館の環境整備事業、文化財の保護のために活用されます。

 

¥700(税抜)

 

↓ご購入はこちらをクリック(カード決済ご利用可)

ショップページはこちら